まつげエクステ クレンジング ランキング - windbercoal.org

簡単オフでも肌に優しい!

まつげエクステは接着剤がオイル系のクレンジングにとても弱く、付けた直後はメイクオフが出来ないなどケアにかなり気をつかいます。

 

メイクオフにおすすめは、うる落ち水クレンジング。オイルフリーのため、コットンに適量を含ませればまつエクにも使用出来ます。保湿の観点から見ても乾燥することがなく有能なメイク落としです。

 

水と聞くと一見落ちにくいなどと不安になるかとは思いますが、肌に優しくしっかりと働いてくれます。まつげエクステだけではなく、乾燥肌や肌荒れなどトラブルを抱えている人にもアットコスメのランキングなどで人気のようです。

 

うる落ち水クレンジングはメイクオフの後の洗顔が不要なのも魅力的です。飲み会後や仕事での疲労で面倒くさいという女子の気持ちまで理解してくれています。メイクオフをせずに寝てしまったりしまった経験がある方にも安心しておすすめ出来ます。

 

おすすめはビオレのふくだけコットン!

まつげエクステをよくしているのですが、すごくめんどくさがり屋です。だからマツエクをしているのかもしれませんね。私はアイメイクと肌は別のクレンジングを使います。アイメイクはお風呂に入る前にビオレのふくだけコットンを使います。

 

ここで注意なのですが、「うるおいリッチ」の方ではありません。うるおいリッチは油分が入っているので心配ですが、ビオレのベーシックな方だとオイルフリーのクレンジングですので、まつげエクステが落ちる心配がありませんね。

 

またアイラインやアイシャドーもしっかりしているので、目元に沿って優しく2,3回ふけば、マツエクに触れることなくアイメイクが落とせます。お肌はそのあとお風呂で落とします。目元はその時一緒に水洗いすると、よりすっきりします。

 

ビオレならお値段もプチプラなので毎日使えますよ!もちろん面倒なときは顔の化粧も一緒に落としてもいいと思います。その時はお肌のケアも忘れないようにしましょう。

 

まつ毛エクステでもオイルが使える!

私はファンデーションや目元のメイクが濃いほうなので、クレンジングはもっぱらオイル派です。ランキングで高評価だったクリームやジェルタイプの化粧落としなども試しましたが、やはりメイク残りが気になりました。

 

メイクの時間短縮のためにまつげエクステをやってみようと思ったのですが、マツエクをするとオイルクレンジングは絶対NGというイメージがありました。油分がまつエクの接着剤をとってしまうのが原因ですが、DHCのクレンジングはオイルなのにマツエクをしていても使えると知りました。

 

実際に今使用していますが、まつげエクステが取れることもないし、角栓のお手入れもできるので気にいっています。もちろんエクステがとれないように、まつげの目元は優しくクルクルと円を描くように落としています。DHCなので大抵どこのドラッグストアでも市販されているし、プチプラなので買いやすいのも良いところです。